青春歌年鑑 90年代総集編

青春歌年鑑 90年代総集編

青春歌年鑑 90年代総集編

青春歌年鑑 90年代総集編は、アイドル曲がぐっと減って小室哲哉さんの小室ファミリーと呼ばれるミュージシャンの活躍が目立ちました。手がける曲がほとんどヒットを連発していたので、歌番組の司会をしていたダウンタウンの浜ちゃんが思わず「オレにも曲、書いてくれへんかなぁ」と言った一言で書いてみたら、これまたとんでもないヒット曲になってしまいました。

 

「今すぐKiss Me」のLINDBERG、渡瀬マキさんは小さな体をステージいっぱいに飛び跳ねて歌っているのが印象的で、LINDBERGの代表曲である「今すぐKiss Me」や「JUMP」など、バンドブームの頃はよくかかっていた曲です。青春系の曲が多くて、アルバムにもたくさんいい曲がありますね。

 

KANさんの「愛は勝つ」も名曲で、この曲を聴いて自分の恋愛を、勇気づけられた人も多かったのではないでしょうか?当時は山田邦子さんのバラエティー番組にもこの曲のパロディコントをやっていて、KANさんが歌の最後に「必ず最後にチキンカツ〜」などと歌っていたのが、ついこの間の様です。
この時代は、こういった応援ソング的な曲が結構流行りました。爆風スランプの「Runner」や大事MANブラザーズの「それが大事」など、元気が出て勇気づけられる曲でどれもヒットしました。

 

槇原敬之さんの「どんなときも 。」や中山美穂&WANDSの「世界中の誰よりきっと」や米米CLUBの「君がいるだけで」これらは全てドラマの主題歌としても有名で、ドラマと共に主題歌がヒットするというパターンがとても多かった様な気がします。

 

藤井フミヤさんの「TRUE LOVE」もまた、ドラマの主題歌で当時大人気だった、柴門ふみさんのアニメをドラマ化した人気ドラマでした。
藤井フミヤさんはチェッカーズ時代も、もちろんですがソロになってからもいい曲をたくさん歌っていてカラオケなどでは人気も高いのではないでしょうか。

 

「恋しさと せつなさと 心強さと」の篠原涼子さんも、当時はヒットメーカーの小室哲哉さんのプロデュースで篠原涼子さんの歌の上手さにも、大変驚かされました。それまでは、篠原涼子さんは「ダウンタウンのごっつええ感じ」でのイメージしかなかったので、このギャップには驚きです。

 

「シングルベッド」を歌っていたシャ乱Qも、この当時はヒット連発で考えてみれば、つんくさんも後にモーニング娘。他いろいろな歌手をプロデュースしたりして、もしかしたらこの頃から小室さんや秋元さんを意識していたのかもしれませんね。2014年には菊池桃子さんの「青春ラブレター」という曲の作曲も担当しているようです。

 

そして小室さんと言えば何と言っても忘れてはならないのが、「I’m proud」の華原朋美さんですね。華原さんも最初は歌手よりもバラエティーで見かけたりしていたので、こんなに才能のある歌手だとは驚きでした。「I’m proud」もいい曲ですが、華原朋美さんの曲の中では「just a real love night」という曲が格好良くて好きです。

 

「White Love」のSPEEDもこの時代だったんですね。
沖縄出身でデビュー当時は、まだ小学生だったメンバーもいたりして…そう言えば沖縄出身のグループもたくさん出てきたのもこの頃でしたね。「White Love」を歌う頃には、SPEEDもかなり風格がついていて、まだまだ若くてこれからどんどん伸びていくと期待していましたが、解散してしまったのが残念です。

 

浜崎あゆみさんの「Boys & Girls」も彼女を代表するようなヒット曲でした。この他にも数多くのヒット曲があって、まさに歌姫と呼ばれるに相応しい地位を築いていったのではないでしょうか。

 

青春歌年鑑 感想

カテゴリーから選ぶ!

青春歌年鑑CD6枚組

昭和の歌謡曲

人気演歌

洋楽 人気

青春歌年鑑

青春歌年鑑BOX

昭和歌謡曲

昭和歌謡曲

演歌懐メロ

演歌懐メロ

洋楽 名曲

洋楽 名曲

 

青春歌年鑑・昭和歌謡のCD通販!

アナタの心に残る想い出のあの曲がきっと見つかる、懐かしい曲がいっぱい!あなたの青春歌年鑑の想い出のヒット曲は?青春歌年鑑の様に、その時代を代表する曲のCDが聴けるのは、親子で音楽の話しも出来てハッピーな気分になれちゃいます♪

 

カテゴリー
青春歌年鑑記事
jポップ
アイドル
懐メロ
バンド
洋楽
歌番組・テレビ・ラジオ主題歌

関連ページ

青春歌年鑑デラックス '80〜'84
青春歌年鑑デラックス '80〜'84は、80年代前半のヒット曲がたっぷり入っているから、アナタの知っているアイドルや演歌も懐かしく聴く事が出来ちゃいます♪
青春歌年鑑デラックス '75〜'79
青春歌年鑑デラックス '75〜'79は、あの名曲や、青春ソング、スーパーアイドルなど盛りだくさんの内容で、アナタの青春時代を甦らせてくれます!
青春歌年鑑デラックス '85〜'89
青春歌年鑑デラックス '85〜'89には、アイドル達が大活躍したり、夏の定番ソングや、バンド系が次々と登場!しかし何と言ってもこの時代に忘れてはならないのが、おニャン子クラブ旋風ではないでしょうか。
青春歌年鑑 1976
青春歌年鑑 1976は、とてつもない大ヒットを飛ばし社会現象になった「およげ!たいやきくん」やこの曲と同じく「ひらけ!ポンキッキ」から「パタパタママ」という曲も飛び出しました。
続・青春歌年鑑
続・青春歌年鑑にも、青春歌年鑑ではまだまだ物足りない、もっとおかわりが欲しいというような感じの 様々な年代のまだまだ聴きたい曲が聴けちゃいます。
青春歌年鑑 84
青春歌年鑑 84には、安全地帯やチェッカーズ、吉川晃司さんといった新しいタイプのミュージシャン達が次々と出てきました。
青春歌年鑑 80
青春歌年鑑 80は、新旧アイドルが入れ替わった新たなアイドル時代の到来を予感させる曲がいっぱい!
青春歌年鑑 best30
青春歌年鑑best30 81には、懐かしいアイドル達が大集合!

トップページ 初めての方へ お買い物の流れ 決済・配送について お問い合わせ サイトマップ