昭和のスーパーアイドル松田聖子

昭和のスーパーアイドル松田聖子さん

アイドル全盛の80年代の女性トップアイドル!

80年代、女性アイドルの中でもトップを走っていたのは、やはり松田聖子さんだったのではないでしょうか。それまで、花の中3トリオとしてトップを走り続けていた山口百恵さんが引退してしまい、それを引き継ぐかのごとく彗星のように現れたのが聖子さんでした。

 

白がとてもよく似合っているワンピース姿で、デビュー曲の「裸足の季節」を歌う姿は透明感いっぱいで初々しくて、その眼差しに引き込まれていった男性ファンも数多くいました。70年代大流行した、ピンクレディーやキャンディーズ、山口百恵さんという国民的なスーパースターアイドルに変わって、80年代は松田聖子さんを筆頭に中森明菜さんや薬師丸ひろ子さん、小泉今日子さんといった新しいタイプのアイドル達が次々に、歌謡界を引っ張っていきました。

 

テレビにラジオに大活躍!

今思えば当時のアイドルの可愛いさは、とてもレベルが高かったような気がします。また、逆にそうでなければアイドルとして成功出来なかったと言ってもいいような雰囲気でした。
聖子さんは、もちろんデビュー当時から可愛かったのですが、福岡県から上京して1曲ごとにどんどん都会的に垢抜けていった様な気がします。2曲目の青い珊瑚礁では、一気に聖子人気に火が付き、スターダムへと押し上げました。現在の若者でも知っている方が多い曲なのではないでしょうか。

 

当時は今と違い、歌番組も豊富にあったのでお気に入りのアイドルの曲は、レコードを買って楽しむだけでなく毎週、ベストテンやトップテン、ヒットスタジオ、レッツゴーヤング、その他にも歌番組はとても多かったのでヒット曲は相当聴いていたことになります。

 

更にテレビに限らずラジオでも歌謡番組はたくさんあったので、受験生などはラジオから聞こえてくる、大好きなアイドルの曲に励まされたという方も、多いのではないでしょうか。ラジオと言うと、アイドルがDJを務めるラジオ番組も豊富にあったので、リクエストなどをしたり、ハガキを書いてそれを読まれたりする楽しみ方もあります。

 

やはり単純にレコードを買って聴くというよりも、バラエティーでアイドルがコントなどをやったりして、普段は見られない素の表情を見られたりすると、更に好きになって次の曲も買いたくなるという心理が生まれたりするものです。
ファンであれば、聖子さんの曲は皆良いと思いますが、3曲目の風は秋色もB面のEighteenという曲も両方、いい曲だったのでこちらの曲も人気があって、テレビでも歌う事があったりしたので知名度も高そうです。聖子さんの曲は結構、季節を彷彿させる曲も多くて、夏の扉なんて正にこれから夏が始まるという時期に、良く聴いていたのでこの曲を聴くと夏に向けてのウキウキ感を感じます。

 

アナタの想い出の曲は…?

夏の扉・白いパラソルで夏を十分に感じだ後は、風立ちぬという秋歌を聴いて気分を秋にシフトしていきます。そして、大人気の赤いスイートピーは、まだまだ寒い冬の季節に聴いていましたが、暖かい春が来るのを待ち遠しく
思いながら聴いていました。イントロが少し淋しげな感じで、切なさが伝わってくるようでした。この曲あたりからでしょうか…聖子さんが大流行した聖子ちゃんカットを止めてしまい、ショートカットになってしまったのは…?

 

次の渚のバルコニーでは、すっかりイメチェンしてショートカットを自分のモノにしてしまい、渚のバルコニーも白のパンツルック(マリンルック?)ですっかり夏モードを感じさせる曲でした。
小麦色のマーメイドは珍しく?スローテンポな曲でした。この曲も夏の歌という事でタイトルからして夏に関する、ワードがたくさん埋め込まれていて、ぼんやり夏の日を眺めながら聴いていたい曲です。

 

更に野ばらのエチュード、秘密の花園、天国のキッスと曲ごとに、少女から大人の女性に変身していく松田聖子さんを見ていくような気になります。ガラスの林檎は、B面のSWEET MEMORIESの方も有名で、A面とB面両方楽しめるお買い得な?シングルでした。次の、瞳はダイアモンド&蒼いフォトグラフ、こちらも両方いい曲で聴きごたえがあってお得感いっぱいのシングルです。

 

Rock'n Rougeというと、何と言っても春感満点の曲で、当時確か、化粧品会社の口紅のCMソングでもお馴染みで、とても春っぽい口紅のCMを見て、新生活をスタートさせるOLや女子大生など、たくさんの女性たちがこの口紅を買ったのかもしれませんね。
聖子さんの衣装も、春らしいピンク色の衣装が可愛らしかったです。時間の国のアリスのB面の夏服のイヴは、同名の映画も上映されて、確かその頃はちょうどこれから夏休みに入るという様な、時期で夏休みを利用して観に行く中高生のファンもたくさんいたのではないでしょうか。

カテゴリーから選ぶ!

青春歌年鑑CD6枚組

昭和の歌謡曲

人気演歌

洋楽 人気

青春歌年鑑

青春歌年鑑BOX

昭和歌謡曲

昭和歌謡曲

演歌懐メロ

演歌懐メロ

洋楽 名曲

洋楽 名曲

 

青春歌年鑑・昭和歌謡のCD通販!

アナタの心に残る想い出のあの曲がきっと見つかる、懐かしい曲がいっぱい!あなたの青春歌年鑑の想い出のヒット曲は?青春歌年鑑の様に、その時代を代表する曲のCDが聴けるのは、親子で音楽の話しも出来てハッピーな気分になれちゃいます♪

 

カテゴリー
青春歌年鑑記事
jポップ
アイドル
懐メロ
バンド
洋楽
歌番組・テレビ・ラジオ主題歌

関連ページ

アイドルグループ
青春歌年鑑に出てくるようなアイドルに、誰でも一度は憧れたりしたものです。
90年代 ヒット曲 アイドル
90年代のヒット曲からアイドルを探してみると、どういったアイドルがどのような曲を歌っていたのでしょうか。90年代なんてまだまだ最近のような気もしますが、もう15年以上も前のヒット曲という事になるのですね。
80年代アイドル男性
80年代アイドルと言えば、アイドル全盛時代といってもいいくらい数多くの男性アイドル達が名を連ねます。
80年代アイドル女性歌手
80年代アイドルと言えば、やはり女性アイドルが大豊作で次々にデビューしていきました。その中でも、トップを走っていたのが間違いなく松田聖子さんだったのではないでしょうか。
80年代と現在のアイドルの違い…
当時の歌謡界は今と違って、トップアイドル達は3か月に1度くらいのハイペースで新曲を発売するという、ハードさでした。
松田聖子 CD
松田聖子 CD Box(スイート・コレクション 80'sヒッツ)には、デビュー曲の裸足の季節から赤いスイートピーなどアイドル時代の名曲がいっぱい。
中森明菜 ベスト
歌姫・中森明菜さんのヒット曲をたっぷり聴けちゃうCDアルバム!何とCD4枚+DVD1枚組の超豪華版! 中森明菜 SUPER BEST COLLECTION AKINA+EAST LIVE!40〜50代の男性・女性にもオススメ!
歌姫!中森明菜さん
テレビから姿を消して、随分と時間が経過している明菜さん。
薬師丸ひろ子さんの歌の虜…
薬師丸ひろ子さんが2014年、ファン待望の紅白初出場に選ばれました。
西城秀樹 CD
西城秀樹さんと言えば、70年代にアイドルでデビューして数々のヒット曲を連発して、新御三家の一人としても有名で、当時はロングヘアーをかき乱しながら若さを爆発させて、世の女性を虜にさせていったレジェンド的なアイドルといっても過言ではないのではないでしょうか。
70年代アイドル歌手
70年代というともう40年くらい昔の話しで、遠い過去のような気がしますが、もちろんこの時代にもアイドル歌手はたくさんいました。
70年代アイドルグループ
70年代アイドルグループ、男性も女性もいろいろといましたねぇ〜。グループ名を挙げていくと、とても懐かしいです。
70年代アイドル
70年代アイドルというと、もう40年も前の昔話になってしまうのですね〜。しかし半世紀近い年数だというのに、昔の画像や映像などを見ても多少の古さはあるとして顔自体はアイドルというだけあって、とても可愛らしい顔をしたアイドルがたくさんいるのは驚きです。

トップページ 初めての方へ お買い物の流れ 決済・配送について お問い合わせ サイトマップ